おもいの重さ〜 ブログNo.846

5時起床 ちょっと寝坊の朝です

おはようございます

昨日は兄とともに語りました

やはり影響が大きいということもあり

今後の方向性について

みっちり!がっちり!たっぷり〜〜

お話ししました

僕の兄は 飲食店を経営しています

末広でお店を始めて5年以上なります

そんな兄は

とにかく鮮度にこだわり

こだわった上で 包丁の入れる

角度など ひとつひとつの

鮮度に合わせた 独自の調理法を

行い 最高の料理でおもてなしをしています

飲食業界は もちろんご存知のとおり

お客様の足の運びがほとんどない状態

業界では テイクアウトを中心に

なんとか 食の文化に変化を加えて

革命的ともいえる 流れを作っています

しかし

それでも兄は テイクアウトを公にせず

よほどの注文がない限り

テイクアウト制には賛同しません

それはなぜか???

それがひとつ!兄のこだわりであり

強みということになるわけですが

やはり鮮度のいいものは

鮮度のいいうちに

お客様へ提供する

それにはやはり お客様へ足を運んでいただき

美味しい料理でおもてなしをする

その美味しさに 笑顔が溢れたら

それこそが真の健康というものの原点であり

日本人としての本物の食文化だ

ということなのです

たしかにご家族そろって

華々しいお料理に囲まれるのも

素晴らしいこと

しかし兄はとことん鮮度と質!というものに

こだわっています

だからどんなことがあっても

残ってほしい 残らねばならない

そう!兄とともに語り合いました

もちろん私どもの建築業界もそうです

鮮度にこだわり 現場に明るい笑顔が

広がれば それこそ素晴らしい

建築文化が広がっていきます

ただただ 収束を待つだけではなく

今こそ学ぶときだと 常に思います