意味深める〜 ブログNo.1033

こんばんは

今日は 勉強会

遠くからお越し下さった

方からサプライズで いただいたものを手に

挨拶から始まり そして勉強会

何度も 何度も セリフとなるぐらい

観たものは やはり

会場の雰囲気 そのものによって

捉え方が違うことを確信した

人は大きく変わる 大原則がある

これはルールといっても過言ではない

それは 何を学ぶか

そして誰から学ぶか そして誰と学ぶか

このことで 人は大きく変わる

と言われてます

そのことが 現実となった

一人ひとり学ぶこと

捉え方 大きく違う中で

会場の雰囲気は 一体感があり

現実から 脱した 明るい自分たちが

存在していた

子供たちから

憧れのもてる大人社会をつくる

ことから 建築家としての道を

後世に残すとして 志しをもち

日々深めている

子どもたちから憧れを!

憧れとは 童心と書きます

大人社会が

童心のあのころの心をもつ社会となれたら

どんなことがあっても

問題を問題とせず

壁を壁と考えず

ただただひたすら 純粋に物事に

打ち込める

そんな社会があったら!

難しいことなんて何もない

シンプルに考えるだけ

童心にかえることのできる

人が童心となる かえれる

建築家を志し 日々学びを

深めています