実践そして実感 ブログ№138

おはようございます

先日より 4時30分起床をこころがけています

そうです 時間を変更!しました

4時起床時刻から 4時30分へと切り替えたのにも

自分なりの時間軸のものの考えと 一日として考えた場合の

効率を考えて得られた結果です

最初のころは30分の 違いに 

朝の清掃や整理整頓!など 身の回りのことなど

時間配分に戸惑いましたが 30分の時間の考え方により!

ここでいう効率性に目を向けて実践した結果 4時起きの時から比べると

清掃への時間 身支度 読書 勉強 などの時間というものが

とても無駄なく うまく時間と関わっているのがわかりました

しかも 

焦りなどなくです!  しかも時間に追われることが!!ほとんどなくです!!

一日の24時間のサイクルのうちに この30分の 起きる時間に大きく影響していることも実体験を通して感じ取れました。

4時起床のうえで得たことは 自分への甘えの脱却から 他へも厳しさをもっていたということ

その厳しさが故に 自分でない自分とともに過ごしていたこと

これは大きな得られた自分への気づきです

4時30分に起きて得られたことは 世の中の!自分の中の常識が非常識であったことに気づきました

こうすれば こうなる  こうしなければならない といった

過去の自分の経験則から  常識というものをつくりあげていたという事実にも気づけました

30分の起床時刻を変えただけで こうまでして自分が変われることを

実体験をとおして学んだということ

これも 成長であり!  成功ですよね

朝は本当に気持ちがいいです 本当に徳をたくさん積めるいい時間です

朝の徳は やはり 道徳ですね

感謝の意味を知り 行動に移し替えるための考えに変わり

それを身をもって感じるとができます

毎日続けていくと 徳のありがたさを いろいろな場面で感じることもできます

自分自身を変えよう 変えようとおもっていても

大きなことの変化にはつながらないし

まして 今ある境遇や 苦しみ あるいは悲しみというのは自分自身にあるということ

原因があって結果がある!

全てに意味があるということですね  こういった学びも知徳 ですよね

本当にありがとうございます

身近な変化に 自分の成長を感じられる 日を!!

そではまた!!