生き様  ブログ№176

おはようございます

どこにいても 変わらずの4時起床!! 毎日が自分と向き合う  真剣勝負のたたかい

起きると決めてからが  勝負!!  ここでまだ眠い もう少しお布団のなか~にいたいでは 自分に甘い証拠!

これは  僕に!!いってることですからね(笑)

昨日は男塾

先生の 4時間30分にもおよぶ  本気の講義!  それが男塾

本気さが  輝く  真剣勝負の世界!  これは本物の世界

生きるっていう意味を  感じ取れる  自分の原点を 思い返せる機会

IMG_7765.JPG

昨日は  伝説のすし職人  TVなどではもちろん

世界規模で  いまもなお 最高齢の三ツ星職人  小野二郎 氏の  話があった

とにかく 自分という魂を大切にしている 職人  小野さんは

何を しているかというと  徹底的に  掃除に専念するということだった

とにかく磨く  掃除にすべてをささげるといっても過言ではないぐらい 掃除に明け暮れる

これが究極のおもてなし精神だとおもう

日本の  おもてなし  三原則というものを あらためて学びましたが

装い  設え  振る舞い

このすべてが そろったとき  本当のおもてなし精神であるということ

小野さんは  清掃という 日本人としての和の精神を 徹底的に

おもてしという 自分流の世界観で表現している

表現の仕方は いろいろあるにしても  徹底的に 美しさのある 職場をつくっていきたいと感じた

とにかく  きれいに こだわる  美しい会社

身につける  もの  姿の装いの美しさからくる  職場づくり

無駄のない 我を感じさせない 整理が行き届いている 美しい設えの 職場づくり

笑顔  情熱  感謝  が伝わる  美しい振る舞いの  職場づくり

清掃という  日本人としての大切な  心を磨く という信念をもって

おもてなしに 成就 していきたい

すべてが  徳の精神から  成り立つもの  

清掃一つにしても  日本への  おもてなしと  日本への徳を積むという

気持ちの表れである

心の 原点を探るためにも  掃除というものがあること

和を以て尊しとなす

今日は 12時から打ち合わせと その後は帰釧!!

明日は 母をつれて 早朝の カヌー体験にいってきます