700回記念 建築家橋川〜 ブログNo.700

読書から始まった日曜日の朝

今日はプレゼンのまとめです

本日でブログを更新してから

700回目を迎えました

継続してみて気づいたことは

どんなことでも続けることの楽しさを

身につけるって

違うことにおいても自分の糧となる

ブログについては、自分なりに楽しんで

継続できているというのが本音です

これからもやすみなく、継続できればと

思ってます

さて今日は記念すべき日ということで

橋川の建築への考えかたをお伝えできればと

思ってます

建築に興味をもったのは小学校1年生の時!

父母がお家を建て

その現場へ、よく足を運んでいたことが

きっかけです

自分のお部屋もあたえられ

本当に楽しい日々を過ごしました

まっ!いろいろありましたけど

今の建築の思想としては

ミクロとマクロのレベルで

表現できるようになりました

カタチとしては表現できる

しかし建築家としてのおもいがどこにあるのか?

ですので

図面にしても、本格的に依頼があって

はじめて景観と人

物理的な内面と外見とを融合させることが

想像の世界で成り立ってくる

でも?想像って?

ミクロとマクロ?って

なりますよね!それが普通かと思います

が!

これが建築家橋川のほかと違う

思想なのです!

誰もが待っているものです!

左が人間のもっている

神経細胞にたいし

右は宇宙そのもの!

どうでしょうか?見ての通り似てます!

明らかに同じ!と言えます

続いて脳!にしても

細胞のひとつひとつが宇宙そのもの

その中で私は存在し、生命を宿している

考え事するとき

空を見上げる行為は!実は本能レベルであり

更新している証なのです

それを!うまく利用する←言葉がわるいですが

お力をお借りするという感じです

相談を受ける

土地がある

想像する (イメージを思う存分発揮)

創造する 内面外面

役割を創造する(潜在的付加価値)

実証する(建築)所謂着工

この流れが橋川の建築家としての

思想であるわけです

領域レベルを超越した形こそが

未来を担うことにつながるのです

最近は

自分でも本当に面白いと思うのが

空いている土地にたいし

勝手に想像し

建築することです!イメージのなかで!

それが楽しくて仕方ありません

法的なことは大事ですが

創造力が豊かであれば

法的なこともクリアしているのが

実際です

本当面白いですよ

空いている土地でも

建築されているところでもなんでもいいです

まずは

自分で

こんな建築物があればなぁと

想像してみることですね