働くという意識 ブログNo.499

今日は丸々1日!おやすみいただきました!本当に心地が良く!気持ちがいい!頭もリフレッシュでき!身も心も健康そのもの〜です、本当に感謝しかありません。ありがとうございました。そしていよいよ!連休も最終日ということで、明日からお仕事というかたも多いことでしょう!そこでお仕事〜つまり働き方の意識について499回目のブログとさせていただきます!どうしても連休明け初日にブログ更新500回!と!したかったので…(笑)ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、古代ギリシャの石工職人さんの話です→古代ギリシャの時代!
三人の石工職人がいました。
毎日汗を流しながら、ひたすら石を切って働いています。
そこに一人の旅人が通り掛かり、石工職人たちに質問をしました。
「あなたたちは、何のために石を切っているのですか?」と。
一人目の職人
「決まっているだろ!金をもらうためだよ」!
二人目の職人
「将来、腕のたつ職人になるために仕事をしているんだよ」!
三人目の職人
「これから何百年もみんなが訪れることができる
宮殿の土台を作っているんだよ」!
この話を聞くと多くの人が
やっぱり三人目の職人のように
自分の仕事が社会に対してどのような貢献をしていくのか
明確にした上で働くべきだと思うでしょう。
しかし、現実にはどうでしょうか?
私たちは、自信を持って三人目の職人のような
意識で毎日働いていると言えるでしょうか?
お仕事ひとつひとつに
誇りや
理念、ビジョンを持って
お仕事しているか?どうか?
ひとつの考え方、行動力で
働き方、生き方
やりがい、生きがいに大きな違いが
生まれてくると思います。みなさんはどんな感じでお仕事と向き合っていますか?そして明日から、どのような意識でお仕事されますか?名誉ですか?お金ですか?それとも理念やビジョンですか?同じお仕事でも働く意識で、ものづくりや、接客、ルーティン作業などに変化があると思います!以上499回目の橋川昌弘ブログでした!本日もご覧いただきありがとうございました^ ^
BC8361E0-C177-414D-9042-8643E9FDF4B9.jpeg