俯瞰  遥か遠くから

こんばんは

風水って 学べば 学ぶほど

研究すれば研究するほど 奥深さをものすごく感じる

何事にも 深く学ぼうとする 意識的なことに目を向けるよりも

自分自身が深くなければ 学べないという事実がある

大気 自然 すべてを 見方に そして操り 全てを引き寄せること

すべてがつがっていることに意識を傾ける

気の流れは どこにでも存在するため 決して誤ってはいけない

古くからある 風水は 争いにも 使われていた

実際に 諸葛孔明 が 自然を見方に 形勢不利のなか 

勝利をおさめた のは事実ですからね

ただ 今までで 学んだことでいえるのは 頭でかんがえては いけないということ

頭でっかちでは 実際の 占いや 風水などは 

目の前にいる 方の 本質がみえてこないまま 判断してしまう ことにつながる

いうなれば 道なき道をいきかねない 結果となってしまう

では 本質を みるには? ですが 

体内の バランスを 整えることが重要です

一見 身体が柔らかな 人であっても 

実際には 物事での 迷いは 身体に出てしまうので 

なにかしら 身体に 柔らかさではなく 固さをもっている

その固さを なくす 方法が   一言でいうと 稽古であります

むずかしいことは ありません  呼吸を整え

肩の 力 お腹や 背筋など 柔軟にする ストレッチ法です

流れを 読み取るには  自身の 流れを 良くするということです

ここまでは 難しいことは 何も 語っていません

身体は ウソをつきませんし 柔軟にするということは

どんな ことにも 通ずる 大切なことですから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。