代表する建築家をめざして

こんにちは

建築家としてお仕事させていただいて

22年が経過しました

大工さんの道をすすみたく 懸命に努力しました

当時の大工さんにも相当怒られながら 頭たたかれながら(笑)

懸命に大工さんとしての仕事を覚えました

その努力が! 今となって生かされています ありがとうございます

無理のない建築物のつくり方 図面の書き方

建築のことであれば  どんあことでも 理解でき 今では

外観を見ただけで 建築物の状態までもわかるようになりました

ここは  直さないと 雨漏りの原因となり 建物が傷みやすい原因となる!

ですとか! これは建築家としては 当たり前の作業だと思っています

建築家には終わりがありません  ですから常に自分自身のことを磨かなければなりません

建物から教えていただくこと  そして景色!

そして 我が社の現場です!!

現場はすべてを表します!  個人的なこと  会社のこと  社会のこと

すべてが関係してきます

現場がうまく進んでいないと 会社内部での人間関係がぎくしゃくしている証拠

現場が汚いと 社内に活気がなく 物事を整理がつかず 無駄に時間をつかう

あるいは 物を大切にしないといった状況が 現場によって ゴミなどが散乱し

汚い と表現されます

IMG_4363.JPG

IMG_4352.JPG

現場がきれいであるにも 社内は魅力ある職場であり続けたいです

以上

日本一の建築家を志している 世界を代表する建築家の 橋川から 本日のブログをお送りしました

IMG_4374.JPG