古代  の知恵をいかすとき

こんばんは

今日は すばらしい報告を 会社内部でうけました

それは なんと おなかに あたらしい生命を宿ったとの報告

これは本当にうれしかった

こどもって 親をえらんで 生まれてくる

いまのこどもは 母親の胎内に生命を宿ってくる その前からの

ことを 記憶にある子供が 多くいるということ

これは 将来の日本をささえていくことにつながっていくとおもう

たった一人の人間が  10人の役割を 果たすことに  

いえまだまだ 20人の役目を果たすかもですね

それだけ 胎内記憶って ものすんごく重要に なってくると思う

話は タイトルにあった 古来の知恵についてですが

日本の伝統文化を いっています

IMG_3320.JPG

これは東大寺の 五重塔です

主要な構造部分のつなぎ合わせですが 

なんと 釘ひとつとして 使用していません

むしろ ほんのわずかな 素材と素材の間に 空間をもうけています

その理由は 自然のエネルギーにたいして 反力を持てるようにと

わざと 隙間をもうけています

これは 世界トップクラスの 技術です 

おそらく 現代で これをつくる 職人さんは ほんとんど存在しないでしょう

ですが 我々は 日本の文化を 守る そして 継承する  支えていかなければならない

今があるのは  この 古来からある 知恵のおかげです

けっして 無駄にしてはいけないし 我が物顔で へいぜんとしてはいけない

日本は それだけ 世界で 愛される国であるということです

伝統文化を ともに支えていきましょう

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。