釧路  設計デザイン

こんばんは

釧路 設計デザイナーの橋川です

といっても 本物の建築家は 

問題点にいかにして 向き合えばいいかということも

かんがえてこそ 本物の建築家といえるでしょう

先日 お客様から 洗面脱衣室の 匂いについて

お問い合わせをいただいた

それは  排水からの 匂いが こもっているという ことでした

匂いの もととなる  原因と思われる

ところを ありと あらゆる視点から 追ってみたが

原因が 全く わからず …  

しかしながら 原因を もう一度洗いなおし  整理してみた

結果 なんと ボイラ器具の下に隠されていたのです

器具の中身など 見ることなど ほとんどないなかで

が!!そもそもの原因でした…

~であろう  とか  ~であるべき は普通の考え方にしか

ないなかで  そこに問題点が多く隠されていたことが

わかったのです

私たちは 常に 過去の 蓄積された データで 物事をはんだんし 

勝手に そうだろうと… 

新しいことを 生み出すのに 発想ということが 生まれるかとおもいますが

過去のデータを もう一度 再分析 することで 

すべてが 払拭され 新しい 想像がうまれ 結果 判断を誤ることが

なく  すべてが うまくいく ことにつながる

1000人いれば 1000人の 考え方が

あるように  いろりろな 角度から 物事を

捉えることで  経験や 理屈というものより

ある  大切なことに 気づくことなる

今回の お問い合わせも そうですが  すべてに 意味があること

そのことに 囚われずに 向き合いながら

視点をかえて 方法を 見つけ出すことに

気づかせてくれた  本当に ありがたいことです

どんなことも大小なんてない

全ての ことに意味があり 企業の発展に 地域の貢献に

必ず 意味が あると   本当にそう思ってます

全てのことを 総合理解してこそ

本当の 建築家  

釧路の 建築デザイナーといえるでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。