おばちゃんへ  №34

おはようございます

夜中に母から、突然の連絡があり

富良野のおばちゃんが…お亡くなりになった…

だからお父さんと一緒に富良野へ!行くと!

くさかの おばちゃんは

僕の祖母の妹さんで

僕が小さい時から、本当に可愛がっていただいた!

笑顔が本当に素敵な おばちゃんで

笑顔しか見たことがないというぐらい 本当にいつも笑顔笑顔で

僕たちに優しく接してくれた…

そんなおばちゃんの突然の訃報

それも母の誕生日である2月2日に…

ここでブログを通して

おばちゃんへ 手紙?ブログ?を残そうとおもう

くさかの おばちゃんへ

僕と兄とで地元釧路から富良野市山部町へ

たったふたりで!列車で向かったのは

あのときは!僕は小学校一年生の時!

はじめての列車の旅で、緊張と

不安という文字が頭の中を駆け巡っていました

その不安から兄を頼るしかなく

着く駅!着く駅!すべてに!

おにいちゃん~まだ~つかないの?と連呼していた記憶と

その都度、兄に怒られたいた記憶があります(笑)

いよいよ富良野に到着!

そこで、とても優しい笑顔で迎えに来てくれた おばちゃん!!

あのときの おばちゃんの笑顔!本当に忘れません!

僕たちを強く抱きしめ  よくきたね~って

僕は本当に泣いて喜びました!

僕らが小さい時から、おばちゃんは僕らの話をよく聞いてくださいましたね

今日に僕がいるのも!本当におばちゃんのおかげです

たくさん遊んでくれて

たくさん聞いてくれて

たくさん笑顔でいてくれて

本当に笑顔笑顔で

おばちゃんの笑顔が本当に大好きで!

おばちゃん本当にありがとうございました。

僕もおばちゃんからいただいた笑顔!

たくさんの人に伝えられるよう!笑顔で過ごします!

心の支えとなってくれた おばちゃん!

本当にありがとうございました。

昌弘より