新たな・・・

ザーザー 雨が降る釧路 気温も低いのかな?少し冷えますね

まだまだ日中との温度が激しいです。体調管理には気を付けます!

こんばんは「庭、庭 うるさい外舘」でございます! 笑

しつこいとはおっしゃらないで。

興味がありすぎて、色々勉強しました。笑

今日はエクステリアで大活躍!!石張り・タイル張りについて」 ← でた~得意のお庭シリーズ

聞いてください。この知識を少しでも知っていたら絶対に楽しめますし、業者さん任せにすることなくこだわりを持てます!

まず、「エクステリア」とは・・・塀や門、庭、植栽、アプローチ、車庫など、建物の周りのことをいいます。

マンションでも一戸建てでも、外観と合せて建築物の顔となるところです。 用は僕の大好きな庭です。

 

最近は、デザイン性豊かなエクステリアを行う場合、石張りやタイル張りを採用するケースが本当に多いのです!

駐車場やアプローチ(敷地から玄関までの道)を石張りにするだけで、お洒落な外観を演出できます!

他にはお庭の一部に取り入れ、個性を表現するのが人気です。アクセントとしては抜群のアイテムでワンランク上のお庭に仕上がります!

しかし建物との相性は重要ですので、最適なパターンを取り入れましょう。そこで、参考までに、石張りを紹介したいわけです!!

①「馬踏み目地」(うまふみめじ)

0316853_500.jpg

石張り・タイル張りの中で最もポピュラーな方法です。由来は「馬が歩くと交互に足跡がつくのと同じように、目地が互い違いにつく張り方」だからです。

特殊な技術を持たなくても施工可能であるため、素人の方でも一部であれば可能かと思います!定番とはいえ、見栄えはキッチリとしていて、抵抗感なく楽しめる施工ですね!

②「通し目地」(とおしめじ)

4fa503eed01b770b7eb0713c288984b7.jpg

縦の目地が交互にくる馬踏み目地と異なり、通し目地では「目地が垂直に通っている張り方」を指します。

この張り方は主に水辺をタイル張りにする際によく採用されるケースが多いです。タイルは色を幅広く展開しているところが多く、明るい演出が出来ますよ!

③「乱張り」(らんばり)

自然石乱貼り.JPG

自然に存在する材料を活かし、形や大きさの不揃いな石を不規則に合わせる工法です。

張り合わせるパターンが決まっていないため職人さんの腕とセンスが要求されます。石を一つ一つハンマーで形を整えて張り合わせるため目地の間隔を

一定に保つのが難しくバランスを取りづらい。しかしバランスがしっかりとれていれば、かなりカッコよい仕上がりに!!!すごく個性が現れる張り方ですので

エクステリアの一部、芝との組み合わせなどが人気のようです!

ただいまご紹介した施工が定番でありながら、それなりに自由さがあり

人気を集めている石張りです!!どの材料も、色、大きさを変えるだけで全然ちがう印象を与えることができますよっ

楽しければいいんです!満足できる空間を実現できたら嬉しいですよね!

少しでも参考になっていれば満足でございます。

私の長話に付きあっていただき、誠にありがとうございました~

またまたまた、お庭については話ありますからね??笑

ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。