はじめまして、佐伯と申します!

みなさま初めまして、4月5日より入社いたしました

佐伯 友哉(サエキ トモヤ)と申します。

さっそくですが、自己紹介をさせていただきます!

◆生年月日 平成4年9月3日 (23歳)

◇趣味   映画・音楽鑑賞、ドライブ、パソコンいじり
      特に映画は大好きで、400タイトル以上DVDを集めています

今までは機械工学を学んでいましたが、建築業界へ移ってきました。

Q.1 どうして機械から建築へ?
     → もともとは「CADで図面を描ける」という機械との共通点から興味を持ち、
       ”ものづくり”をもっと楽しみたい気持ちから行動に出ました

Q.2 どうして”ものづくり”が好きなのか?
     → 限界がないからです。
       機械でいえば、部品ひとつひとつから作成・組み立て 完成
       建築でいえば、部屋の配置や家の構造を考え、建築 完成
       こうしてひとつの作品とも呼べる努力の結晶が完成しても、そこで終わりではありません。
       次から次へと新しいものを生み出し、さらに向上させていく
 そんなスタイルがものづくりの良いものだと感じます

≪これからの目標≫

建築業界について詳しくはありませんが、周りの方から素晴らしい知識をどんどん吸収、

それを模倣するだけでなく自分のスタイルへと変えることで自分の知識として取り入れます。

入社して数日しか経っておりませんが、とても大きな良い影響を受けて、既に成長を始めております。

ところで、ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが

“コーヒー豆になりなさい”

というお話を耳にしたことがありますか?

これは、とある外国の、悩む娘と母親の会話についてのお話です。

母親は3つの鍋でお湯を沸かし始め、

それぞれにニンジン、卵、コーヒー豆を入れました。

しばらく沸騰させて、母親は全部同じように茹でました。

“固いニンジンは柔らかく”

“割れやすい卵は強固に”

“でもコーヒー豆は水自体を変えた”

母親は言いました。

“コーヒー豆になりなさい”

というお話です。いろいろなものはニンジンや卵のように、環境次第で自身の性質を変えてしまいます。

しかしコーヒー豆は自身の性質で環境を変える。

良い意味でこの大きなシーンを捉えれば、それは素晴らしいことですね。

「周りの人間を素晴らしく変えていける存在になりたい」

と、毎日努力を惜しまず仕事も私生活も過ごしていきたいです。

少々長くなりましたが、最後まで読んで下さりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。