色のバランス???

こんばんは

どうも、つばさです

寒さが痛くなってきました

朝、エンジンをかけ忘れたら

大変な季節となりました。(笑)

今日は忘れて、前が真っ白でした!

今日はふと、思ったことがあります

あと、2か月もすれば・・・

今年が終わり、新しい年へ・・・

本当に時間ってあっという間

すぐ時間が過ぎてしまいます

「今」をもっともっと大切に

より充実できるよう、日々過ごしていきます!

はい、それでは本日の記事

少し前に「部屋作りについて」の記事を書きました!

その続編といきますしょう~

「知っておきたい 色相環」について

bthth.png

色相環を構成する虹色の帯は スペクトルと呼ばれ、

隣接した「類似色」を組み合わせると統一感を生み

対面した「反対色(補助色)」を組み合わせると緊張感

が出る。赤や橙など、暖かさを感じる色は「暖色」、青

や青緑など、寒さを感じる色を「寒色」といいます。

その中間を「中性色」と呼びます!!

この考えをメインにおいて、カラーイメージをすれば

より、季節感やこだわりを出しやすいかもですね!

あとは・・・

配色による印象の違いってのもありますね!

同系色

同じ色を組み合わせる場合は、明度(明るさ)や

彩度(鮮やかさ)を変えることで、まとまりのある

すっきりとした印象になります!

反対色

色相環で対面する「反対色(補助色)」を組み合わせると

互いの色を引き立てあうため、インパクトのある個性的な

空間を演出できます!

類似色

色相環で隣り合う「類似色」を組み合わせると、統一感のある

落ち着いた印象に。類似色でまとめすぎると単調になりがち。

注意が必要ですね!

どうでしょうか?

色のバランスをしっかり、整えるだけで

もっともっとお部屋作りがたのしくなると思いませんか・

知っておくとものすごく使える情報なので、

ぜひ皆さんも、調べて すぐ実践してみてください♪

今日はここまで

次回は「原則②」となります~ では

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。