日本の職人さん

こんにちは!菊池です!

今日は晴天!昨日の大雨がウソのようですねヽ(^o^)丿

今週は土曜日も日曜日も予定満載なのでぜひ!天気!頼みます!(笑)

昨日も1時過ぎに寝ましたが(もう今日ですね)、朝起きてすぐにカーテンを開け、朝日を浴びる!私のルーティーンです(*^_^*)

むしろ、カーテン開けて寝てる事が多いですけど(笑)

部屋が明るくなってきて、自然に起きるのが良いんですけど・・・

旦那にはいつもやめてくれと言われます(笑)

スッキリ目覚めれるのにな~(-_-)

タイトル、日本の職人さんは今日の職場の教養でのお話。

当たり前だと思っている日本の技術も海外ではとても驚かれたりすることがあります。

今回の題材は食品サンプルですが、私が体験して本当に日本がすごいな~というのが

「水を処理する技術」

日本は安全で綺麗な水が蛇口を捻れば当たり前にでてきますよね!

でもそれは他の国ではありえない事でもあります!

海外では基本水道水は飲んだら危ないですし、場所によっては見ればわかるほど汚い水がでるところもあります。

私たちが普段当たり前に使っている、「水道水」これって実は当たり前じゃなく日本の技術があったからこそ

実現できたことなんですねヽ(^o^)丿☆ミ

他にも筒に海水を通すと真水に!というのもあります。

筒の中には膜が何層も重ねてあり、この膜を通ると不純物が徐々にとれて綺麗な水ができるんだとか!!

この会社の技術は、世界40か国以上で使われているそうです!!

すばらしき、日本の技術!

建築業もたくさんの職人さんのおかげで建物ができますよね。

でもそれは当たり前じゃなく、受け継がれた技術によって完成する!!

職人さんに感謝です!

あたり前の事を当たり前だと思わず、過ごしたいと思います。

기술(キスル=技術)